2019.09.12 #6の話(終) =TAKESHI=

#6の打ち込みに関しては、ほぼソフトウェアのプラグインで作りました。
最近ではソフトシンセも良い音を鳴らしてくれるものが多くあります。
#5から#6制作の間にメインマシンのMacProを新しく入れ替えて、OSもアップしたために、
それまでとは少し違うプラグインを試せて、ちょっとだけバージョンアップした感じかな。
基本的な部分は何も変わっていないけれど。

打ち込みで作っていくサウンドも、僕の場合は後付けで作るものはほぼ皆無で、
曲のアイデアが浮かんだ時から頭の中で鳴っている音を形にしていく作業。
最新のサウンドを求めるのではなく、自分らしい音を作っていく事を重視しています。

歪んだブレイクビーツに歪んだリードシンセ、歪んだキックに、歪んだ・・・
うん、とても自分らしい!
方程式や常識を壊して構築していくのが僕のやり方です。
正しい方法を知らないという話もありますが。
パンク精神で、それも良いです。

レコーディングで作り上げた上田剛士サウンドを、ライブでは草間さんのシステムから出力してもらっています。
ライブで聴けるライブアレンジは草間さんにアイデアを伝えて2人で構築していくので、また違った楽しみも感じられると思います。
TOUR #6においても少しづつ変化していくので、それも楽しみにしていてください。

そして今回のミックスはKuridというエンジニアチームの細井くんと行いました。
細井くんには (re:Rec) の時にエンジニアをお願いしたので、2度めの彼との作品です。
(re:Rec)での作業が最高だったので、今回はオリジナルアルバムの仕上げを手伝ってもらうことにしました。

僕が作った音には自分の音のビジョンが強く表れているので、どんなに優れたエンジニアであっても、そこを共有できない人とは作品を作れません。
なので、基本的には自分で完結させてしまうスタイルを多く取っています。
そんな中出会った細井くんは、彼が学生時代にMADのライブに来ていて暴れていたという、僕の音をよく理解している人物。
理屈や方程式、常識だけでは作り上げられない「音のパワー」を同じ目線で捉えることのできる、感覚を共有できる人。
僕のサウンドが「自分の血肉となっている」と言ってくれる、今の自分にとって最高のエンジニアの1人です。
新しいSound & Recording Magazine では僕と細井くんの対談も載っているので、興味ある人はチェックしてみてください。

彼との作業が今回も上手くいったことは#6を聴いた人はよくわかるよね?

そんなこんなで作り上げたAA=の最新作「#6」。
みんな楽しんでくれているよね?

#6を聴いた人の多くの感想が、どれもポジティブな物ばかりだったので嬉しい。
そして誰もがライブを楽しみにしてくれている事に「伝わっているな」という手応えを感じています。

#6はライブで感じて、みんなの中でさらに高いレベルで完成すると思うので、来れる機会のある人はライブでの#6を体感してほしい。
一緒に「#6」で、さらなるレベルに到達しましょう。

ライブハウスで待ってるぜ。

2019.09.03 #6の話(3) =TAKESHI=

ギターは基本的には、僕とミノルとで半々くらいの割合で弾いています。
左のバッキングがミノルで逆が僕、みたいな。
曲によってはミノルだけの曲、僕だけの曲と違いがあるのだけれど、それを聴き分けられてる人いるかな?笑

デモでのギターは自分が全て弾いて、そこでのプレイが曲のグルーヴを決め出来上がっているので、そのグルーヴについてくるのは少し大変。
僕のプレイはテクニック的にはまるで難しくないんだけど(笑)、グルーヴが少し独特らしく、コピーするのに一癖あるらしい。
それは過去の曲にも言える事なんだけど、AA=やMADの曲は、作っている僕が弾けるものしか作らない(作れない)ので、
運指や指使いが難しいフレーズは無いのです。(言いきる!)
その代わりにちょっと癖のあるグルーヴなので、
せっかくギタリストに弾いてもらって録音してみても、上手くハマらない時は僕が弾いてしまうという事もあるんです。
プロデュースしている曲もソロ以外は全部自分で弾くので、僕の曲をよく聴いてる人から「聴いた時にすぐにわかった!」と言ってもらえるのは、
そんな僕の独特な弾き癖、グルーヴにも要因があるんじゃないかな。

そんなAA=のレコーディングでは、僕が弾いた基本になっているギタートラックと、それにガッチリ合わせてグルーヴを作れるミノルのギター。
そして、さらに楽曲に広がりを持たせるギターが必要になるので、
そのアレンジをミノルと2人で考えます。
この作業、とても好きな作業の一つで、いつも楽しみにしています。
自分は座って注文つけるだけの気楽さも良いのかも。笑
でも試したアンサンブルが決まった時の気持ち良さは、一人だけでは生まれないものなのです。

ボーカルに関しては今回いつも以上にイメージしてた事があります。
それはタカにいつもよりラップをしてもらう事。
タカのベースになっているのはヒップホップなので、いつもよりその雰囲気を取り入れたかったのです。

いわゆる日本語のJラップとは違うタカのラップをAA=なりに活かせたんじゃないかな。

タカとのレコーディングは2人でスタジオに入って、僕がオペレーションしてタカの歌を録っていく形。

ギターと同じ様に、デモでの歌は僕が歌っていて、そこはやはり上田剛士特有のノリが存在するので、そこを形にする事は少し大変です。
AAはもちろん、MADの時でもプロデュース物でも僕がディレクションする時はいつもそうなんだけど、
デモでの良さを表現するために、ボーカリストに細かな指示するのはなかなか難しいのです。
感覚的な部分が多く、音符的な部分だけではない所も多いからね。

でも最近のタカとのレコーディングはとてもスムーズ。

「とりあえずやってみようか」
「いいね!その感じ!」

とほぼ数テイクで終わってしまいます。

こんな部分にも10年やってきたAA=のバンドとしてのストーリーを感じる事ができました。

2019.08.22 #6の話(2) =TAKESHI=

レコーディングも大詰めになり、いよいよメンバーへ連絡をして、それぞれのパートの録音を始めました。

まずはドラム。
#6では、ドラムはAA=ドラマー3人に参加してもらうというコンセプトを持っていました。
普通のレコーディングでは、3人のドラマーを呼んで、それぞれレコーディングします。
それなりに大掛かりな準備や、時間がかかります。
そしてドラムのサウンドは、作品のカラーを決める上で最重要ポイントでもあるので、
アルバムとしての統一感においてのハードルが上がってしまいます。

だけどそこはAA=、普通にやってはつまらない。
#6では、ずっと試してみようと考えていた事をやってみたのです。

あっくん、ZAX、YOUTH-K!!!、それぞれに自分の環境でプレイしてもらい、そのプレイをデータ化する方法。
具体的には、それぞれがプレイしたものをMIDI化して、そのデータを新たに自分の機材で構築するという方法です。
MIDIパッドやキーボードでは自分でも良くやるけれど、ちゃんとセット組んだ3人にやってもらうのは、きっと良いはず。

思った通り、この方法はAA=としては、とても良い結果を産みました。

それぞれの特徴が良く現れていて、生ドラムを録った時の様にドラマーの顔が見えてくる。
それでいてAA=のレコーディングらしく、最後の最後まで僕が好き勝手に色々な事を試すことができる。
レコーディング前から試してみようと思っていた事が、こんなに上手くハマるとは!

もちろん3人の僕への信頼感があってできてる事なので、普通ではありえないレコーディング方法。
その大切な部分を預けてくれる3人にとても感謝しています。

#6を聴いた人は感じてくれていると思うけれど、 今まで以上にAA=のバンドの部分が強く音に現れているのは、この方法がハマった事が大きいのです。
マネしても良いよ。

そしてベースです。
機材に関しては、いつもの通り、いつもの顔ぶれでレコーディングしています。
もう何年も変わっていない、慣れ親しんだ戦友たち。
知っている人もいるとは思うけれど、僕のベースの音は何本かの回線をミックスして作り上げています。
PEARCE BC1、METALZONE、チャンドラーのオーバードライブなどなど。
1回線づつの音にこだわるのははもちろん、それをミックスさせる事を前提なので、それらをレイヤーとして完成形を考えながら作っています。

そこはいつも通りなんだけど。

今回は、少しいつもと違うポイントがありました。
もういつぶりなのか覚えていないくらい久しぶりに、10年以上はまともに聴いていなかった過去の自分の音を、ちょっと聴いてみる気持ちになったのです。
めずらしい!
でもそこで大きな収穫がありました。
過去の自分に「もっと攻めて良いんだぜ」と言われ、「オーケー、たけし」という気持ちになって、ベースのレコーディングをしたのです。笑

今でも同じ機材を使い続けているとはいえ、その時その時で微妙に調整をして作っているので、その時々の事を思い出し、
「あー、こうやってこうやったな」と自分しか知らない方法、ブレンドで上田剛士サウンドをもう一度掘り返してみたのです。

おかげでAA=の作品の中では、一番攻撃的な歪みサウンドになったかな。
2019年の最歪ベースサウンドです。

みんなも気に入ったよね?

2019.08.16 #6の話(1) =TAKESHI=

#6ついにリリースされました。
多くの人にポジティブな感想をたくさんもらって嬉しいです。

AA=の”今”と”これから”を示す事が出来たアルバムになったと思います。

いくつかのインタビューでも#6について答えたので知ってる人もいると思うけれど、#6の話です。

#6を本格的に作り始めたのはTHE OIO DAYが終わってから。
THE OIO DAYは自分にとって大きな経験で、10年続けてきたAA=という場所と、そこに集まってくる仲間達の存在を大きく、確かな物として感じました。

AA=をソロプロジェクトという形で始めた事は、自分の音や活動の方法、一緒に音を出す仲間やスタッフとして集まってくれる仲間、
自分の音を聴いて愛してくれるみんなに対し、最後まで自分が責任持ってやりぬく為に必要な事でした。

ソロプロジェクトでありながらバンド形態という形でスタートしたAA=が10年経ち、メンバーもさらに増え、スタッフとしての仲間もどんどん増えていきました。
ソロという名目でありながら、そこに集まるみんな全員でAA=の音を鳴らしていくという形。
それを10年続けて改めて見てみると、やっぱりそこにあるのは「バンド」でした。

そんな素晴らしい仲間達と一緒に10年を迎えて、バンドであることの喜びを感じた上で、新たな作品作りに向かったのが去年の終わり。
数年ぶりにアルバム制作へのスイッチを入れました。

とりあえずOIO DAYに向けて一足先に完成させていた「SAW」と、同時期に作り完成させておいた「POSER」。
そして迫り来るX-FADER#666で発表するつもりのHIROSUKEとのコラボ曲「DEEP INSIDE」のアイデアはある。
それらを軸に、#5以降から3年の間に作りためておいたアイデアの断片を聴きなおす作業からスタート。
改めて聴いて引っかかってくる物は、やっぱりバンド感を感じるものばかりでした。

そんなアイデアの中から気に入ったものをチョイスしたのち、本格的な制作のスタート。
それからは怒涛の半年間、ライブ以外はほとんどスタジオに籠り作り続ける毎日でした。

気に入ったアイデアの曲を完成に近づける。
今あるアイデア以外に、こんな曲が必要だと思う新しい曲も作る。
さらに前にさかのぼって、なんとなく記憶の淵に置いておいた古いアイデアを思い出し、それを過去のフォルダから引っ張り出し聴いてみる。
そこには「SMILE」や「MONEY GRUBBER」の元になったアイデアが隠れていました。

そんな作業を続け、全体像が見えたと思えたのはPICK UP THE PIECESの方向が決まった時。
すでに初夏を感じ始める季節を迎えていました。

アルバムの完成予定のリミットは迫ってきている。

楽曲はほぼ揃った。
メンバーに連絡をして、一緒に鳴らす時がやってきました。

2019.08.05 2019夏 =TAKESHI=

AKABANE ReNY Alpha、男鹿ナマハゲロックフェスティバル、仙台GIGSでのCONNECTED2019、集まってくれたみんなありがとう。
どこもとても良いライブでした。
多くの対バンのメンツと会えて楽屋も楽しかった。

久しぶりに活動的な夏を過ごした気がします。
近年は夏は暑いのでスタジオでの制作作業メインで過ごす事を目指していたので(笑)、今年はがんばったなオレって感じ。

minusとの対バンは前々から話していたので実現できて良かった。
minusは色々あり今の形になってきたけど、全部乗り越えて前に進んでいるフジイくんの姿は刺激になります。

色々あってといえば、男鹿フェスも出演予定のバンド達の間では試練がありました。
ステージに立つ事が出来たバンド、出来なかったバンド、それぞれが必死にがんばっての結果なので、みんなには応援してもらいたいと思います。
そんな初出場の男鹿フェスは、昔から知る後輩バンド山嵐と、とても久しぶりに一緒になる事が出来て嬉しかった。
ヤンチャ小僧な感じだった山嵐が、いつの間にか立派なフェスを長い期間続けていて、ちょっと胸を打たれていました。
またやろうね!

AA=を冠に後輩バンドが集まってくれたイベントがCONNECTED2019 DAY1でした。
音楽的にも人間的にも優れた後輩達が、たくさん集まってくれて最高の日を過ごさせてもらって、なんだか得した気分な1日。
単純に楽しんでしまいました。
バンドのみんな、ありがとう。
自分でもこんなイベントやってみる気になったり、ならなかったり。
まぁ、企画するのは向いてないんだよね。笑

そんな熱い夏の始まりを迎えたAA=だけど、2019夏の最大の出来事は#6の登場です。

もう皆の元に届くので、2019年夏はこのアルバムと共に楽しんでください!
#6の話はまた。

2019.07.16 #6完成  =TAKESHI=

ReNY alphaに集まってくれたみんな、ありがとう!
minusとの記号バンドツーマンは面白かったね。
本当に空調効いてた?ってくらい熱いライブでした。
#6のレコーディング生活から解放されての灼熱ライブだったので、良い意味で目覚めました。
特に新曲をやる時のテンションは格別でした。

そう、その新曲達が収まっている新しいアルバム『#6』。
(Re:Rec) を作り終えアルバムモードにスイッチが入り、THE OIO DAYが終わってから本格的に作り始めた作品なので、
10周年を迎えてよりバンドとしてのAA=が確立できたアルバムになりました。
オリジナルのメンバーに加えて、新しく仲間になったZAXやYOUTH-K!!!の存在があって出来上がったと分析。
仲間って大事だね。

そしてなぜか、自分の中での王道と言える様な曲達が集まった感触があります。
こういう感触の作品を作るタイミングがたまに訪れるんだけど、AA=として今この感触で作品を作れたことは気持ち良かった。
レーベルやいち早く聴いた人たちの感想は「実験的」や「バラエティ」と言ったワードが出て来ていたけれど、
自分としてはとても上田剛士らしい作品だと感じています。

なので、みんなにも100%楽しんでもらえると思っています。
本当に期待して良いよ。

お楽しみに!

2019.06.07 TOUR THE NEXT 2019終了  =TAKESHI=

TOUR THE NEXT2019、集まってくれたみんなありがとう。
どの会場もすごい熱気で最高のツアーだったね。

NEXTの名の通り、新曲のお披露目も出来たので個人的にはノルマを達成できた感じでした。
新曲達から久しぶりの曲まで演ったので、色々なAAの音を楽しめたのでは。
ファイナルではヒロスケも登場してくれたので嬉しかった。

今回のツアーも、やっぱりライブって良いなと再確認したツアーでした。
さらに熱く、また演りましょう。

そしてファイナルで発表したとおり、次のナンバーがやってきます。

#6

いい響きだ。

#5から3年ぶりになるという話だけど、その分パワー増してるのでお楽しみに。
期待して良いよ。

そしてアルバムに先立って新曲POSERも発表になりました。

ツアーに来ていた人は「あれ?」ってなった人もいるのでは?
そう、出来上がっているのはツアーで演った曲だけじゃないんだよ。
ボーっとしてるとオレの歪みにやられるぜ。ふふふ。
この曲はSAWと一緒に作って完成していたけど、あえてツアーではやらなかったので、
ツアーの曲は、しばらくはライブに来てくれた人だけの自慢にしてください。

楽しいでしょ?

それでは#6まであと少し。
楽しみに待っていてください。

2019.05.14 TOUR THE NEXT2019スタート  =TAKESHI=

TOUR THE NEXT2019始まりました。
この名前でのツアーは以前にも行っているので、知ってる人も多いと思います。
AA=の”ネクスト”を少しだけ披露するツアーなので、お楽しみに。

初日の渋谷はいつもの事ながら激しい幕開けで最高だったね。
コンピューターを前にしたスタジオ生活を送っていた僕の体をいきなり覚醒させてくれました。
AA=のファンは最高だぜ。
集まってくれたみんな、ありがとう!

次のNEXTは名古屋、そして大阪。
渋谷に負けないエネルギーで歪み全開でいくので覚悟して待っている様に。

2019.03.31 映像作品『THE OIO DAY』 =TAKESHI=

映像作品『THE OIO DAY』が発売になりました。
AA=の10周年目の記念の作品なので、自分にとっても一生物の大事な作品です。

10年の間に5枚のオリジナル作品を作ったAA=。
一つのライブだけでこの10年分を表現する事は簡単ではなかったけれど、ベストなTHE OIO DAYを作り上げられたと思っています。
自分の中には「AA=のメンバー全員でこの日を迎えたい」という思いが強かったので、この日に向けての準備はいつも以上にがんばった。笑
特にラウドなロックバンドで3人のドラムが同時に鳴るという、音響的にはかなり無謀な願望をメンバー、スタッフと共に乗り越えたのは最高でした。

そんなTHE OIO DAYを全て収めたこの作品、この日に来た人はもちろん、来れなかった人にもTHE OIO DAYを楽しんでもらいたいと思っています。

映像はsTEPCOdeやSAWのMVでお馴染みの番場秀一さん監督、音はKei Kusamaさんのミックスによるもので、この日の臨場感をしっかりと感じてもらえると思います。
またライブの裏側もドキュメンタリー映像で、少しだけ観ることができます。

AA=を語る上で外せない1日になったTHE OIO DAY。
この日を楽しんでください。

2019.03.10 SAW MV  =TAKESHI=

すっかり春めいてきました。
マンチェスターUの調子も良くご機嫌な日々を過ごしています。
とくにチャンピオンズリーグPSG戦セカンドレグの逆転劇は最高。
ロスタイムの逆転は、98-99シーズンのCL決勝でのスールシャールを思い起こさせて痺れました。
20LEGEND!

そんなこんなの日々ですが、SAWのMVについてです。

今回のMVはsTEPCOde以来、番場秀一さんが監督してくれました。
番場さんはストーリー性が強く美しい作品を作ってもらえる大好きな監督。
THE OIO DAYでステージ上で撮影をしていた独特な風貌の謎の人物を目撃した人も多いのでは。
アーティスティックな最高の監督です。

番場さん、ありがとう。

そして主役の役割を務めてくれ篠崎こころさん。
撮影日はとても天候が悪く、かなり大変な撮影状況だったらしいけど、彼女がネガティブをポジティブに変えて素晴らしい作品にしてくれました。
その姿を見てスタッフみんなが絶賛していました。
何より彼女が出てくれる事で暑苦しくなりがちなAA=の作品が爽やかになって嬉しいです。笑

篠崎さん、ありがとう。

そして今回、唯一ちゃんとした撮影があったAA=メンバーのタカ。
これには付き合わないと後で何を言われるか分からないので、僕もずっと同行していました。笑

都内某所、東京中が見渡せる高層ビルの屋外の一角。
朝が明ける前の深夜に集合しての撮影でした。
朝が明けてくるわずかな一瞬を狙い、ほぼ一発勝負の撮影は、現場の雰囲気も相まって幻想的な時間で、夜明けと共に新たな希望が生まれてくる感覚。
その空気感はMVでしっかり伝わっていると思います。

早朝の撮影だったけど、夜遊び慣れしているタカには全然苦にならなかっただろうと勝手に決めつけて感謝するのはやめておきます。笑

そんなSAWですが、THE OIO DAY配信アルバムには初披露のライブ音源も入っているのでMVと一緒に楽しんで下さい。